幸せに生きるとは?

「幸せですか?幸せならその理由を教えてください。」そう質問されると、個人個人いろいろな返事があります。100人に質問すれば100とおりの答えが返ってくるかもしれません。なぜなら「幸せ」とは定量的・数字であらわせないからです。心の問題だから当然です。ですがそれで終わると身もふたもないので、ごく普通の一般人があの人は幸せそうだ、と考える条件は以下に要約されるでしょう。

スポンサーリンク

①健康であること。

②仕事が好きである。好きな仕事をしている

③本音で相談できる友人がいる。

④お金に困っていない。十分に定期的・安定的な収入がある。十分な貯蓄がある。

⑤十分に自由な時間をもっている。

その中で優先順位をつけると「健康であること」が幸せの大前提でしよう。そして次に幸せの条件は「好きな仕事をしている。」になります。なぜならば、普通の人は「仕事を通してお金を得、仕事の中から友人を作っていく」からです。まわりの「幸せそうな人」を見てみるとそうではないでしょうか。

自分の好きな職種・立場(役職)を理解し仕事を選択をする。それが幸せの近道です。

スポンサーリンク