手取年収100万円からの生活マニュアル

 


               手取年収100万円からの生活マニュアル


現代の豊かな日本で生活している私達にとって、ほんの少しの工夫と価値観の転換で人生に必要な「お金」は劇的に削減できます。企業の経費削減方法で効果を上げる方法と同じです。経費の大部分を占める項目を集中して削減する事です。個人でいえば住居費と食費です。まずはそこを見直し、その上で収入を乗せていく事です。この発想は現代の第3次産業サービス業の発展した現代だからこそ可能な生活方法です。
新しい気ずきがあれば加筆・修正していきます。

スポンサーリンク

1.まずは手取年収100万円で生活できるように生活設計をスタートしよう

準備編:手取り年収100万円で生活をしようと決めたなら準備すべき事があります。それは身の回りの断捨離です。特に毎月の固定された維持費用のかかるものは断捨離します。具体的には「車」「生命保険」は必須です。後に述べますが医療保険はケガで働けなった時の収入保障保険はすべて「社会保険加入アルバイト」の立場になることで解決できます。

準備①ー1 身の回りの断捨離 

①住居を確保する まずはどこで生活するかを決めよう。

選択肢①ー1実家で住む

選択肢①ー2実家以外で住む

②収入源を確保する。まずは手取年収100万円の収入先アルバイト(社会保険加入)を決めよう。その後アルバイト収入を安定させる(収入の保険を掛ける)意味とやりたい事をする資金の確保の為にWワーク先を確保する。

手順②ー1飲食店

手順②ー2コンビニ

③食費を削減する。住居の次に費用の掛かる食事を見直す。
食費を削減する方法

③ー1「まかない」の利用

③ー2モーニングの利用 

③ー3ファミレスのランチ

③ー4「満足度と回数のバランス」

④手取年収100万円生活を継続させる為に。(手取年収100万円が苦行・修行でなくすこと)
息抜き方法

④ー1お金のかからない楽しみ見つけよう。

④ー2マイボトル・マイタンブラーでお得に一息。

2.手取年収100万円の生活設計が出来たら、
「やりたいことリスト」を作ろう

★「幸せに生きる」手段として、手取年収100万円の基礎生活があります。人生でやりたい事を実現する為の道具です。

①ー1「やりたいことリスト」を作る

①ー2「少しは貯金がしたい」なら

①ー3「バカンス(旅行)したい」なら

②実行する計画(月・資金)を立てよう

3.手取年収100万円生活の老後の生活費について考える

★老後の資金(貯金・貯蓄)対策については以下の3個の方法が考えられます。

①ー1好きな仕事を継続することの重要性

①ー2老後の医療費対策

①ー3老後の資金(貯金・貯蓄)年金について

2017年より「IdeCo」個人型確定拠出年金がアルバイト、主婦でも入れることになりました。これは老後を考えるにあたりぜひ活用すべきです。

①ー4「iDeCo」個人型確定拠出年金の利用方法

スポンサーリンク