モーニングは年収100万円生活の味方

高校を卒業して大学生時代の4年間は、ほぼ1日2食でした。朝は食べず昼に学食の250円定食か360円定食でした。夜ご飯は、大学近くのお店で食べてました。学生相手の安くてボリューム満点の定食を出しているお店が大学近隣にたくさんあり500円あれば十分満足のいく食事ができました。その流れで会社員・サラリーマンになっても、1日2食生活をつずけていました。その癖があるのか、もともと食が細いのか今でもい1日2食で平気です。

「手取年収100万で生活」するにあたり贅沢はできません。そこでモーニングで1食分を賄えないかと思い、近くにある大手チェーンのモーニング・朝定食を調べました。吉野家・松屋・すき家・なか卵・ガスト・ジョイフル・やよい軒・コメダコーヒー。その結果、自分の朝食・モーニングのコストパフォーマンス第1位は

スポンサーリンク
1位 すき家 たまごかけご飯朝食  250円
この金額に驚き。まだまだデフレです。すき家はこれでやっていけるのか不思議。

2位 なか卵 目玉焼き朝定食 250円
プラス50円で豚汁に変更できます。ちなみに300円をきる値段はこの2品です。

やつぱり、パンよりご飯がすきです。250円といえばコンビニでおにぎり2個分です。その金額で味噌汁・卵がついてくる。自炊もよいですが、その手間暇と価格のバランスは個人個人の判断で。
今回の学び
「250円で1食、食べられる時代です。モーニング・朝定食は年収100万円生活に最大限利用しましょう」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*