なぜ「手取年収100万円からの生活マニュアル」なのか?

「手取年収100万からの生活マニュアル」というタイトルには理由があります。
正社員をしている時代、漠然と「働いても働いてもそんなに生活は豊かにならないなぁ。」と感じていました。年収が上がっても、それにともなって社会保険(主に健康保険・厚生年金)が上がっていくから、手取金額は当然年収アップ分増えません。かと言って社会保険を払わなければいけない人は、「払わない」という選択もできません。法律ですから当然です。

スポンサーリンク

健康保険・厚生年金は私は加入しておくべきだと思っています。そのため社会保険加入できるアルバイトを選びました。メリットを考えますと主なところは以下のとおりでしょうか。
①健康保険‥‥保険料は事業主と折半。医療費3割負担。
②厚生年金‥‥保険料は事業主との折半。
③雇用保険‥‥失業したときの失業給付が受けられる。

日本の今後を考えていくと、少子高齢化は間違いなく進んできます。その時代で生きる最大のリスクは「病気になるリスクと長生きリスク」です。一生働かずとも生きていけるほどの資産・貯蓄が築けないのならば、年金というのはやはり魅力的です。払い損という考え方もありますが、年金支給額が少なくなるならそれでも生きていけるように個人個人が対応するしかないです。

今回学び
「手取年収100万円だからこそ健康保険・厚生年金は加入しましよう」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*