クレープ移動販売をしていた友人H君の話

実家に戻ってくると、高校時代の友人のうわさも耳に入ってくるようになります。

H君は中学・高校といっしょで、一浪して中堅私立大学の理工学部に進学しました。就職は一部上

場のサービス業の会社に入社。理工学部出てなんでサービス業なの?と驚いた記憶があります。

就職活動の時代はバブルが終ったぐらいで、まだまだ学生の売り手市場でした。

そのあと、同業界の会社に2回ほど転職し、2016年クレープの移動販売を始めました。

スポンサーリンク

去年、H君から「クレープ移動販売で生活する」という相談を受けました。

その時のH君のクレープ移動販売の事業計画は以下のとおりです。

①売上月間       520,000円     (平日8,000円×4日+土日50,000円×2日)を4週
②原価          156,000円     (原価30%)
③出店料          52,000円            (売上10%) スーパーの駐車場で販売
④その他費用      100,000円     (ガソリン代・消耗品・電気代・予備費用)
⑤利益          212,000円

初期投資の大部分を占めるクレープを販売する車代300万は自己資金で購入。

起業の動機は「サラーリーマンのストレスから解放されたい」でした。

この話を聞いた時H君は、すでに会社を辞めており相談というより私に背中を押してほしいという

感じでした。友人としては、何点か事業計画のリスク部分・気になる点を指摘しました。

しかしすでにH君は、クレープ移動販売をやる気でいましたから「まずはやってみてる。」という

言葉で相談を終わらせました。

あれから1年、先日H君から連絡がありました。

クレープ移動販売を辞めるから、クレープ移動販売車を買わない?という内容です。

H君はクレープ移動販売で生活する事を諦め、もう一度就職先を探すとのことです。

H君の夢はなぜ破れたのでしょうか?

クレープ移動販売が成功しなかった主要因は「売上が計画どおり確保できないからです」。

移動販売なら常にイベントに参加すれば、売上は確保できたのでしょうが、毎回大きなイベントに

出店できるとは限りません。

最後は平日2,000円土日15,000円ぐらいしか売上が確保できなかったそうです。

また天候にも左右されます。大雪にでもなれば売上はないでしょう。月間152,000円ぐらい

です。原価30%出店料10%引けば91,200円です。移動時間準備時間を含め1日12時間

以上働いていたそうです。以上がH君がクレープ移動販売をやめた理由です。

しかし、私はH君の事業計画には、もう一つ見落としが有ったと感じています。

それは、次回に書きます。

今回の学び

「お金を得る手段としてのアルバイトのメリットは、働いた時間は必ずお金になることです。」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*