飲食業界はアルバイトとして長期雇用が見込める雇用先です。アルバイト日記(2017年3月7日~12日)

スポンサーリンク

アルバイト日記(2017年3月7日~3月12日)です。

アルバイト先では社員さんが3人います。そのうちの一人が15日に他のお店に人事異動になりま

す。お店の経営的に考えれば社員一人を削り、その仕事をアルバイトさんに任せることでトータル

人件費を削減しお店の利益を上げようという考えです。企業としてはあたりまえの行動です。

 

同一労働同一賃金ではないですが、アルバイトでも出来る仕事なら安いアルバイトさんにやっても

らったほうが利益になります。飲食・フード業界はデフレで厳しい経営環境が今後も継続するでし

ょう。しかし少子高齢化で若年層の人手不足は目に見えています。そう考えるとアルバイトの立場

としては平均時給の上昇・長期雇用が見込めます。アルバイトは雇用・収入が安定しないので生活

できないと思われますが、アルバイト先をもう一つ持つ。俗に言うWワークをすれば収入も雇用も

安定するのでは?と感じました。収入を上げる必要に迫られたら一つのアルバイトより2つアルバ

イトをする。そのうち一か所で社会保険に入る。お金が必要ならそんな人生設計でもいいんじゃな

い、と。でも仕事ができないとスケジュールにはいれませんので、仕事はしっかりするのが大前提

です。

今回の学び

「飲食業界はアルバイトとして長期雇用が見込める雇用先です。」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*