「都市ガス」と「プロパンガス」の事、本当にご存じですか?

都市ガスとプロパンガスのお話です。正社員サラリーマン時代は転勤で全国を回っていました。

北から住んでいた生活していた場所を言いますとこんな感じです。

当然すべて賃貸のアパートか1Rマンションです。

秋田県秋田市
新潟県新潟市
群馬県前橋市
東京都日野市
東京都江戸川区
愛知県名古屋市昭和区
奈良県桜井市
大阪府大阪市北区
大阪府大阪市天王寺区
大阪府堺市

当然転勤ですのでそのたびに住む場所は変わります。そこで気が付いた事です。

スポンサーリンク

プロパンガスってめっちゃ高いやん

独身でガスは風呂を沸かす事しか使ってなくても毎月いい金額を支払っていました。ガスって高い

んだぐらいしか思っていませんでした。しかしある所で生活していた時「なんかガス代が急に安く

なりました」なんでかな?と。

ガスって全国一律の料金ではなかった。

ガスは公共料金で電気と同じく全国でそんな金額に差はでないと信じていました。

しかし違うんです。ガスは摩訶不思議な世界です。その世界とは

1.ガスには都市ガスとプロパンガスの2種類がある。

2.プロパンガス料金はプロパンガス会社が自由に設定できる(自由料金)。都市ガスは公共料金で事業者が勝手に決められない(公共料金)。

3.プロパンガスは都市ガスと比べ2倍ぐらい高い地域もある。

ここから導き出される答えは手取り年収100万円で生活するアルバイトは都市ガスの物件を選ぶ

べきという真実です。ちなみにガス器具も都市ガス用とプロパンガス用に分かれています。

都市ガス用のガスコンロはプロパンガスには使えません。

都市ガスの全国平均普及率

都市ガスの全国平均の普及率は60%ぐらいです。おもしろいのは同じ市でも都市ガスが来ている

地域と都市ガスがきてない地域が分かれていることです。極端な話、道1本を隔てて、

北は都市ガスが引かれていて南はプロパンガスという事もあります。

これは都会の人には信じられないかもしれませんが地方・田舎の市町村ではあります。

実は私の住んでいる実家の街がそうです。

まとめ

「手取年収100万円からの生活マニュアル」の中の

記事(手取年収100万円生活のアルバイトは、住む町を選ぶ?)で ほどよい地方都市に住居を

構えることをオススメしていますが、そんな地方都市ほど都市ガスエリアとプロパンガスエリアが

分かれています。

住居を決める時は都市ガスエリアの物件にしましょう。賃貸の場合ガス会社は大家さんが決めてい

るので個人でプロパンガス会社を変更する事はまず不可能と考えておきましょう。

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*