手取年収100万円生活のアルバイトの「iDeCo(イデコ)」活用方法って知ってますか?

手取年収100万円で生活するアルバイトにとって「お金」の話は尽きる事がありません。手取年収100万円でも貯金がしたいなら口座引き落としの積立がおすすめ(参照記事:手取年収100万円生活のアルバイトでも貯金はしたいなら、方法はありますが‥。)と書きました。今回はその話の続きです。今年、よく耳にする「iDeCo(イデコ)」個人型確定拠出年金について、手取年収100万円で生活するアルバイトはどのように活用すべきか?考えたのが今回のテーマです。

スポンサーリンク

iDeCo(イデコ)って何?

iDecoとは「個人型確定拠出年金」の事です。2017年1月より大きく制度が変わりました。自営業者・勤務先に企業年金が無い会社員だけが対象でしたが、今後は公務員・会社員・アルバイト、専業主婦等も任意で加入することが出来るようになりました。60歳まで加入できます。

iDeCo(イデコ)のメリット

・iDeCo個人型確定拠出年金への掛け金全額が所得控除の対象になります。
・運用利益が非課税で再投資できる。運用益非課税です。
・受給時の税制優遇。受け取る時「公的年金等控除」「退職所得控除」の対象になります。

iDeCo(イデコ)のデメリット

・60歳まで引出が出来ない
・毎月の掛け金は5000円が下限基準
・手数料がかかる
・運用方針を自分で決める必要がある

・手取年収100万円のアルバイトの場合(厚生年金加入のアルバトの場合)

年間掛け金上限は27.6万円(一月上限23,000円)でiDeCo個人型確定拠出年金に加入できます。ちなみに厚生年金に未加入のアルバイトならば年間掛け金上限は82.6万円になります。

・まとめ

手取年収100万円でも貯金はしたいと思う理由が老後資金を増やしたいという目的ならば、iDeCoを利用すべきです。運用期間が長ければ長いほど、節税効果が利いてきます。運用失敗が恐ければ元本保証の商品で運用すれば節税効果だけを教授できます。しかし将来の年金額を増やしたいと考えるならば別記事(老後の資金(貯金・貯蓄)は必要なし。その3 年金について詳しく見てみよう)にもかきましたが、繰下げ受給という方法もあります。

iDeCoを最大限利用するならば、年間掛け金上限27.6万円で長期(10年以上・長ければ長い方がよい)で活用するのが、最も合理的です。それには手取年収130万円で生活するアルバイトになりましょう。手取年収100万円で月23,000円の積立は、生活が修行・苦行になります。

お金の話ってその人の人生感が出てきますよね。人生に正解が無いようにお金の話も正解はないのかもしれません。まずは5000円からはじめて様子を見るのも一つの方法です。

スポンサーリンク