Wワークアルバイトは「手取年収100万円からの生活マニュアル」の必要条件だった事が判明しました。

現在コンビニと飲食のお店でWワークでアルバイトをして生活しております。私がWワークを始めた理由は「あと20,000円ぐらい収入をふやさないとやりたいことも出来ないなぁ」と思ったからです。今回Wワークのメリットとデメリットが見えてきました。結論としては「手取年収100万円で生活するアルバイトはWワークすべきです」という事になりました。ではその事を説明いたします。

スポンサーリンク

・そもそもなぜWワーク、掛け持ちでアルバイトをしようと思ったか

これは前記事(収入の安定と「やりたい事をする」為にWワークをする事にした。)にも書きましたが、あと20,000円ぐらい収入が無いと小旅行も行けないなぁと判断したからです。幸い社会保険に入っているアルバイト先が副業OKでしたので、それならやってみようと。

・アルバイトでもリストラは突然やってくる

また、今後10年20年と月間120時間は働く生活設計をしております。10年後には経営不振で主力のアルバイト先のお寿司やさんが店舗閉鎖になっているかもしれません。また店舗閉鎖にはならなくても、月間労働時間が減らされ、生活が苦しくなるリスクも考えておかなくてはなりません。月間120時間前後は仕事をする理由は前記事(手取年収100万円からの生活マニュアル)の参照をお願いします。

・飲食店のお店のIさんの事例

お寿司のお店だけの収入で生活しているIさんがいます。Iさんは月間200時間以上20万は稼がないと生活できないと、お店の社員さんにお願いしているようです。しかしお店も必要ないのにIさんに月間200時間働かせる事はできません。最近では月間150時間ぐらいしか働けず、生活が苦しいと嘆いていました。

・Wワークのメリットは?

①経済的効果  収入が増える。
②意識的効果  興味のあるWワーク先ならリフレッシュできる。知見が広がる。経験が広がる
③人的効果   人脈が広がる。新しい社会に入れる

・Wワークのデメリットは?

①作業面 確定申告をしなくてはいけない
②時間管理面 自由な時間が減る。休みが減る。スケジュール管理が煩雑になる。
③体調管理面 疲れる

・まとめ

Wワークの一番のメリットは、本業アルバイトで何かトラブル(経済的・精神的)があっても、もう一つの収入先、人的ネットワーク社会を持っていることによりセーフティネットの機能が働くことです。Wワークを副業ではなく複業にする。これがキモです。自由に生きたい手取年収100万円で生活するアルバイトには必要条件です。

スポンサーリンク