物言うアルバイトと何も言わないアルバイトどちらが正解か?

アルバイトしていると、いろいろな人と知り合います。アルバイトには2種類のタイプがいます。一つは何もいわず決められた事をこなすアルバイト、もう一つは他のアルバイトの出来ていない事を指摘するタイプです。
もうすこし言えば他人に意見をする人・しない人とも言えます。今回はそんなアルバイト人間関係の考察です。

スポンサーリンク

・他人に言える人の特徴

自分は仕事が出来る、仕事が出来ると思っている。自分の基準を標準化しようとする。アルバイト歴が長い人が多い。ほぼアルバイトのベテランさんです。昔の言葉で言えばお局さんとも言えるかもしれません。

・他人に何も言わない人の特徴

アルバイトは、言われたことをするのが仕事。でしゃばらない。でしゃばるの気もない。他人が仕事ができなくても基本どうでもいい。

・タイプ別の対応方法

この二つのタイプが混ざった職場がほとんです。問題は、「物言うアルバイト」が他の時間帯でアルバイトしている「者言わないアルバイト」に意見する事です。これが起こってくると職場の人間関係がややこしくなります。他人に意見をするには、ある程度の信頼が不可欠です。あの人の言っていることは正しいから言うこと聞こうと思えるか。反対に、お前が言うな。お前もできないくせにと思われれば最悪です。

・まとめ

アルバイト先のOさんとこの話について、雑談しました。

私   :「最近、店の中激アツだよね。」
Oさん :「そうですね。どうでもいいですけど」笑(#^.^#)
私   :「確かに。でもどうして他人の出来ない事が気になるのかな?ぞこまで実害ないのにね。」
Oさん :「私には、解りませんよ。まぁでも、私が言われたら冷や汗もんですけど」(;一_一)
私   :「私たちは、言われた事をするのが仕事だから気にならないよね」
Oさん :「勉強もあるし、アルバイトにそんなに深くやってられませんよ。まぁこれもひとつのエターテーメント     として見ればおもしろいですよ。」
私   :「確かに。当事者にならなければ面白いかもね。」(^_^;)

物言う人と物言わない人とは、人間の基本的な仕事観・性格が原因で別れるのかもしれません。どちらが正しいとも言えないでしょう。私は物言わないアルバイトタイプです。言われた事はきっちりとします。他人がさぼっているとイライラしますが、言ってもしょうがないと思っちゃいます。

イライラした時の対応方法は別記事にでもふれました。別記事→アルバイトでも仕事でイライラする。それで原因と対策を考えた

どちらのタイプでも正解は「ストレスをためずに仕事をする」これにつきます。

スポンサーリンク