アルバイト 志望動機(飲食店)で悩むのはやめよう、その理由を語ろうか

フード飲食店の正社員サラリーマン時代は、アルバイトさんを面接、採用等の仕事をしていました。会社を退職後の現在、アルバイトを2つ掛け持ちしています。属に言うWワークというヤツです
プロフィールの詳細はこちらから⇒プロフィール

アルバイトのひとつは、飲食店です。二つ目はコンビニです。アルバイトの定番ですね。どちらも、即日採用でした。それは「志望動機」がよかったからではありません。アルバイト面接で志望動機の書き方で悩むのはやめましょう。それより採用になるためにはもっと重要なことがあります。今回の記事はそんなお話です。

・アルバイトの履歴書の志望動機うまく書けない‥。

そんな悩む事ではありませんよ。

これからアルバイト(特にフード飲食店)しようと考えている人の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

飲食店アルバイト面接担当者は面接で「志望動機」を見てるか?

正直言いましょう、「志望動機」はアルバイト面接者は見ていません。さすがに空欄ではまずいですが、あたりさわりのない事を自分の言葉で書いておけば大丈夫です。

飲食店はアルバイトさんを基本的には採用しますその理由は

・アルバイト募集雑誌に会社のお金を使ってます。当然、会社はお金を掛けた分アルバイトさんをを採用しようとします。アルバイト採用担当者もサラリーマンですので、一人も採用しなければ上司に怒られます。よって基本的にはアルバイト応募者を採用しようとします。

・アルバイト面接担当者は「今いるアルバイトさんも、いつ急に辞めるかもしれない」という不安が常にあります。よってアルバイトさんは抱えておこうという気持ちが働きます。

じゃあ面接で何をみているんですか?

アルバイト可能な時間と曜日と期間です。飲食店を毎日運営していく為には「アルバイトさんが間違いなく週のこの曜日はこの時間常に出勤してくれる」という勤務の安定が不可欠です。

アルバイトさんが不足している時間に勤務できるかどうか?それがチェックされているポイントです。

それがクリアーしていれば、あとは簡単です。

面接官は見てる!「志望動機」より重要な面接ポイント

・あいさつ⇒仲間とコミュニケーションを自分からとれるか?

・礼儀 言葉使い⇒言葉使いの大切さを理解しているか?

・態度 常識があるか⇒その場の状況に合った態度がとれるか?

・アルバイト経験  部活動経験⇒年代の違う人とうまくやれるか?、チームとして働けるか?

もっと簡単に言うなら「普通の子」=(問題をおこさない子←採用担当者の心の声)であれば採用です。

 

まとめ

今は雇用の経済環境ではアルバイト優位です。こだわらなければアルバイト先はすぐ見つかります。でも「どうしても働きたいアルバイト先」があるなら、ぜひ実践してみて下さい。きっといい結果になると思います。

・不足している時間に勤務できます、という事を面接官に伝える
・普通の子(=問題をおこさない子)であることを行動(あいさつ・言葉使い・態度・経験験)で伝える。

アルバイト志望動機で採用、不採用になりません。当たり障りのないことで大丈夫です。面接がんばってください。

おまけ

最後にこれだけは、やってはいけない事をひとつお教しえしますね。

「前のアルバイト先の悪口を言うこと」
「先輩、友達の悪口を言うこと」

当たり前ですね。でも面接で、いいかんじになってくるとつい気が緩んで言ってしまうことがあります。冗談、軽いつもりでもこれだけは要注意ですよ。

スポンサーリンク