アルバイト パワハラと教育的指導の境目は? アルバイト日記(2017年8月21日~8月27日)

スポンサーリンク

アルバイト日記(2017年8月21日~8月27日)です。

◎収入

フード飲食店   35時間×時給900円=31,500円 (社会保険・税金控除は含まず)

コンビニ     27時間×時給800円=21,600円

◎アルバイトしていて感じた事

 

飲食店、コンビニの両方とも多くの新人さんが入ってきました。でも今の多くの子は、挨拶もしないんで、びっくりです。

店長さん、社員さんも、新人さんが先輩にあいさつもしない事になにも思ってないようです。私が正社員でアルバイト新人教育していた時は「モラル、常識」にはうるさかったので、ちょっとびっくりです。

先輩の私が注意するとこれはパワハラかしら?と悩んでしまいます。でも多くの既存アルバイトさんは私と同意見でした。

うーん、難し問題です。店長、社員さんがそれでいい。がみがみ言って辞められた困るとおもっているようです。今はなんか社員と新人さんの立場が逆転している時代ですね。

そのことでYさんと話していると、Yさんは「シフト出すの少なくするよ。新人さんと仕事を組むのはストレスだよ。今、新人アルバイトさんにキレそう」というのが理由です。Yさんはかなり仕事が出来る方なので損失です。

「新人さんも仕事を覚えてがんばろう」という子と
「アルバイトだから適当でいいや」という子が混在しているから話をややこしくしています。

私も、いちアルバイトですので、何ともすることはできません。

「悪貨は良貨を駆逐する」状態になっています。

今後日本は人口減少していきます。もしかしたら、アルバイトを多数抱える労働集約型のサービス業はビジネスモデルの限界がきているのかもしれません。なんかすごく大きなことまで考えてしまいましたよ。

スポンサーリンク