「正社員になりませんか?」と言われるのはありがたい事ですが‥‥考えてしまいます。アルバイト日記(2017年10月2日~10月8日)

スポンサーリンク

アルバイト日記(2017年10月2日~10月8日)です。

◎収入

フード飲食店   30時間×時給900円=27,000円 (社会保険・税金控除は含まず)

ほぼ固定労働時間になりました。

コンビニ     29時間×時給800円=23,200円

◎「正社員になりませんか?」と言われるのはありがたい事ですが‥‥考えてしまいます

 

アルバイト勤務先の責任者に「正社員」になりませんか?と言われます。コンビニのアルバイトの

方です。いつも、やんわりとお断りしているんですが‥‥。その理由はいくつかあります。

このサイトを読まれた方は、「そりゃそうでしょう」と思われるでしょう。

改めて理由を書くとすれば

正社員になりお金を多くいただく代わりに、仕事でのストレスを受け入れなければならない

そのことを考えてしまいます。

ストレスは

好きでもない人と付き合う人間関係です。それが問題だ。

お金を貰っても出来ないです。

◎転職してきた新人社員さんを見て思う

コンビニのお店に転勤してきた新人社員さんがいます。正直その新人社員さんを見ても

「私もああなりたい」と思いません。価値観の問題だと思います。

自分に正直に生きていこうと思ったら今のアルバイトWワーカーの生活になりました。

新人社員さんにも「なんで社員にならにのですか?」と聞かれます。

でも私は反対に聞いてみたい。

「正社員になって幸せですか?」

「具体的に教えて下さい」

「教えていただいて、納得出来れば社員になるか考えます。」

 

こんなこと社員さんに言えば、烈火のごとく怒られるかしら?怒られないにしても不審がられます

ね。きっと。

そんなわけで、お茶をにごしている私です。

 

昔の高度経済成長の時代の日本人の生き方としては、正社員になるのが最も経済的、社会的に

豊かになる方法でした。しかし今の成熟した日本国、日本社会においては別の人生設計が必要なの

ではないのかしら?多様な人生設計の選択肢があってもいいのではないの?

私も昔はそう考えていました。だから大学を出て会社に就職しました。就職した会社は経済的にも

社会的にも、恵まれた会社でした。

でも、全然楽しくないんですよね。友達に言えば

「それはわがままだよ」

「そんないい待遇の会社で不満なの?」

「仕事は楽しくないもんだ。何いってんの。」

と叱られました。

結局その会社もストレスで体を壊しかけて辞表を出しました。

体が一番正直だったのかもしれません。そんなわけで今日もアルバイトをがんばる私です。

スポンサーリンク