夫婦 仲良しの秘訣を真剣に考えてみたよ。ちなみに私の体験談ではありません

古今東西、夫婦で一生仲良く生きている人は少数派です。ちなみに私は結婚していませんので体験談ではありません。なぜそんなことを考えたかというと、「不思議」に思うからです。みんな好きあって結婚してどうして「ずっと仲良くできないのだろう?」とふと考えちゃいました。今回は私の考える夫婦仲良しの秘訣のお話しです。

 

スポンサーリンク

現実を調べてみたよ。日本の離婚率をデータでみると‥

厚生労働省の「平成27年人口動態統計(確定数)の概況」では3組に1組が離婚をしている
計算です。詳しい数字はここではふれません。でも、「そんなにいるの?」というのが感想です。
そこでもうすこし調べてみました。

夫婦共働き家庭の離婚率と専業主婦の家庭の離婚率

これはやはり、経済的に自立している分「共働き夫婦」のほうが離婚率は高いです。まぁ当然といえば当然かもしれません。

経済的に夫婦どちらも独立している方が経済的な不安がなく決断できます。

まわりのアルバイト先を見てみると

アルバイトの仕事先にも、離婚しているシングルマザーの方が5人います。また1人は別居中です。これは確かに先ほどのデータの示す3組に1組は離婚する、という事をうらずけています。ちらほら噂で聞く理由は

「平たく言えば性格、価値観の不一致」「金銭感覚の違い」でした。

でも、そんなのあたりまえじゃない。

育ちも、家庭環境も違うんだから当たり前です。自分にすべて合わせてくれる事はまずありえません。みんな違って当たり前です。そこを相手を思いやい、推し量り仲良くやっていくのが普通じゃないのかなぁ?

個人的に思う。夫婦、カップルみんな社会生活でストレスを抱えているのでは?

仕事、社会は気を使うことばかりです。好きでもない人といっしょに仕事をしなければならない事は山ほどあります。それは「人として本能的な大きなストレス」です。そんな環境にいれば家に帰ればやさしくなれないでしょう。家でも気をつかうことはできないでしょう。

適度な社会との接点に限定して生きていく

Triple work one million life で夫婦仲良くできるのではとマジメに思います。
夫婦でアルバイトを3か所し、年間100万円支出の生活です
夫はアルバイト2つ、奥さんはアルバイト一つやれば月30万は稼げます。それで支出を月8万ぐらいで抑える。夫婦2人だと月3万はムリならもう少し支出計画を上げてもいいかもしれません。

アルバイトならまずストレスはありません。休みたい時にも基本は休めます。将来的な不安は貯蓄をして備えます。保険、年金関係は1か所のアルバイト先で確保する。2人で3か所アルバイト収入があるなら月10万以上は貯金出来るでしょう。

こんな生活のほうがもしかして夫婦関係はうまくいくのではとバカなことを考えちゃいました。

メリット : 仕事のストレスがない分相手を思いやれる。家庭中心の生活をおくれる。

デメリット: 体力的な問題。世間体。

まとめ

すごく大雑把に考えています。アイデアの段階です。細かい細部までは詰めていませんが、実現出来るかどうかの可能性をまた機会があれば細部まで詰めてみようと思います。でもこんなライフスタイルが実現可能になれば「ずっと夫婦仲良し」でいられるんじゃないかなぁと妄想してしまいました。

スポンサーリンク