仮想通貨 ビットコインって結局なんなの?仮想通貨の価値とはいったい何なのか?

仮想通貨、ビットコインの勉強をはじめました。仮想通貨ビットコイン、その他の仮想通貨コインに投資するとしても、仮想通貨の「価値」って何?なぜビットコインは買われるのか?どこにビットコインを買う人は「買う価値」を見出しているのか?仮想通貨、ビットコインが世の中に必要な理由を自分なりにまとめて考えてみました。投資対象の理解なくしてお金は出せません。

スポンサーリンク

仮想通貨・ビットコインの4個の価値

仮想通貨、ビットコインを勉強、調べて解ったことは「仮想通貨の道具としての役割」=価値は、以下の5個に集約されます。そこに仮想通貨の道具としての価値があります。順番に確認しましょう。

1.仮想通貨、ビットコインは銀行口座を必要としない

海外の発展途上国には銀行口座をもっていない人も多くいます。しかしスマートフォンがあれば仮想通貨を受け取ることが出来ます。例えばWFP(国際連合世界食糧計画)では仮想通貨イーサリアムを使って難民支援に利用している事実があります。

2.仮想通貨は24時間、送金送金スピードが早い!

お金の送金は銀行のシステムを使って送金します。よって銀行が休みだと送金はおくれます。海外送金なら普通なら2・3日は掛かります。それがリアルタイムに近いスピードで仮想通貨は送金出来ます。特に海外送金にメリットがあります。

3.仮想通貨は送金手数料が安い

手数料も銀行なら海外送金なら3000円以上は掛かります。それが数円から数十円の手数料で海外送金が可能です。

4.仮想通貨は資産の保全になる

発展途上国の通貨はインフレで価値が減ることはよくあります。その対策として通貨を仮想通貨に換えておくことで資産の保全が可能です。

仮想通貨の勉強におすすめ本2冊

▼私のおすすめ仮想通貨ビットコインの投資・勉強の本。マンガで楽しく笑いながら、学べます。⇒ビットコイン投資やってみました!

仮想通貨の投資を深く知りたいならこちら。少額の積立仮想通貨投資の有効性を説明している本。
5000円ではじめる仮想通貨投資入門

まとめ

こうしてみると仮想通貨は先進国に住んでいる個人には「必ず必要な物(道具)」ではありません。だから先進国では個人の使い方は投資になるのでしょう。先進国で仮想通貨を必要とする個人は「銀行システムを使わずお金の送金をしたい人」に限られます。

今、仮想通貨ビットコイン投資ですべきことは2個だけある

私はとりあえず仮想通貨を買いたいときにすぐ買えるようにまず準備しておくのも一つの選択です。私は2社で仮想通貨の取引所の口座を開設しました。今すべきことはこれだけです。

調べたところビットフライヤーがおすすめです。日本で初めて設立のビットコインの取引所です。資本にもリクルート、GMO、SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループが出資しており安心感があります。ビットコイン以外の主要アルトコイン(イーサリアム、ライトコイン)も扱っており口座開設しておきたい取引所です。金融庁の仮想通貨取引所の登録第1弾にも選ばれています。

▼下記のテキスト・画像をクリツクするとビットフライヤーの詳細が確認出来ます。
仮想通貨ならビットコイン

ビットコイン以外の人気の仮想通貨(=アルトコイン)のリップル、NEM(ネム)を買うにはビットフライヤー口座開設と一緒に「CoinchecK」も口座を開いておけば完璧です.
▼下記の画像をクリツクするとCoincheckの詳細が確認出来ます。ホームページです。
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク