アルバイトで貯金はいくら可能か?2018年の貯金目標120万を計画しました(^_^;)。

アルバイトでも貯金は出来ます。ぶっちゃけ私は正社員時代よりアルバイト生活の今のほうが貯金は出来てます。アルバイトで生きていこうと決めた時、頭の計算では生活出来ると思ってました。ダブルワークでアルバイトをすれば貯金も可能だと考えていました。今回の記事は、私の今年2018年の貯金計画についてのお話です。


スポンサーリンク

そもそも貯金を科学すると?

収入ー支出=貯金

貯金の本とかを読むと書かれている事はすべてこの公式です。収入を増やす方法、支出を減らす方法を紹介している書籍がすべてです。同じ品質のサービス・物なら安いに越したことはありません。古今東西、今も昔も貯金のルールこれだけです。貯金は運用・投資で増やすことも出来ますが今回は運用にふれません。
貯金の数式が解ればそれを自分の生活に最適化して取り組むだけです。

アルバイトで収入を上げる方法

アルバイトで収入を上げる公式もあります。

時給×労働時間 です。

つまり、より高い時給で長時間働けば収入は上がります。もうひとつ付け加えるとしたら「ラクな仕事あるいは楽しいバイト」であれば理想的です。ただし、アルバイト先が一か所ですと法令厳守コンプライアンスの企業統治の視点からあまり労働時間をかせげなくなっています。そこでフルタイムの労働時間をアルバイトの雇用形態で稼ごうと考えればアルバイトWワークしかありません。関連記事:【アルバイトおすすめ体験記事】ゼロから始めるアルバイトで食べていく(生活する)ための4個の手順

アルバイトで支出を下げる方法

アルバイト、正社員の立場にかかわらず支出を劇的に下げる方法は2つです。

1.家賃を安くする。

①実家で生活する、②住宅手当の福利厚生の厚い会社に勤める。③激安ワンルームをあえて選択する。などが具体的方法です。

2.食費を減らす。

食費の公式は1回の食事代×回数 です。
つまり1回の食事代を減らし、食事の回数を減らせば食費は下がります。
食事代を減らす方法は、アルバイトで言えば、飲食店アルバイトなら「まかない」で無料あるいは低価格で食事が提供されるアルバイト先もあります。コンビニでも廃棄商品を貰えるところもあります。会社員なら「社員食堂」の利用などがあげられます。また料理が好きなら自炊の方法もあります。

アルバイト生活で最も効率のよい貯金方法は

アルバイトで高時給で長時間働き、家賃・食費のかからない生活をする ということになります。

アルバイト生活は意外に貯金できる2つの理由

1.ストレスのないアルバイトはストレス発散で散財することが無い。
私の周りのアルバイトさんを見てみても、学生さんでも貯金している人はたくさんいます。

2.収入が不安定なアルバイトだからこそムダ使いはしない意識が高い
アルバイトは毎月、収入が安定していません。その分日々の細かなムダ使いはしない、アルバイトさんも多いです。学生さんでも数十万貯金をもっている人も周りにたくさんいます。

アルバイトで貯金目標を決めるなら、貯蓄率50%を目指す

アルバイトで生活する人でも、収入から社会保障(健康保険・厚生年金)を引いた手取り給与(=可処分所得)の半分を貯金に回すことも可能です。貯蓄率50%を目指せば最悪不意の出費(冠婚葬祭)があっても可処分所得の25%は貯金出来ます。

私の2018年の一月の貯金目標の決め方・手順は?

ムリして貯金する気もないんですが、目標を決めるのが好きな性格なので2018年の貯金額目標を決めました。それではまずはその貯金目標額の算出計算方法から。

①収入の計算=1日8、000円×20日で160,000円(最低額を予測)
社会保障費支払い後の手取り額がベースです。今回は社会保障(健康保険・厚生年金・住民税)を40,000円で計算。去年の銀行振込額を見れば手取り給与は予測できます。

②支出の計算=固定費(実家に入れる金額20,000円、通信携帯環境10,000円)
変動費で日々の細かな買い物、食事等で30,000円を予測。

③貯金目標額=収入160,000円ー支出60,000円で100,000円になります。可処分所得に占める貯蓄率の割合は62.5%になりました。(^_^;)
でも現実には、不意の出費とかあるのでこうはいかないでしょう。でも目標としては月10万円で年間120万円を貯金出来る可能性はあるということでです。

まとめ

私は日々の支出、買い物はすべて年会費無料のクレジットカードで決済しています。今はサインレスでコンビニ初めほとんどの飲食店で使えます。明細はWEBで確認出来ますし、家計簿代わりになっています。ポイントもたまっていきますし、1年で靴1足はポイントで買えます。ポイント還元も貯金と考えるならぜひ支払はクレジットカード支払をおすすめします。

合せて読みたい

▼こちらの記事で私のアルバイト体験・ノウハウをまとめてあります
【アルバイトおすすめ体験記事】ゼロから始めるアルバイトで食べていく(生活する)ための4個の手順

 

スポンサーリンク