登録販売者 試験に合格したとして、管理責任者になるためには実務経験2年必要。この問題をどうする?

登録販売者の資格試験に合格しても、すぐに「管理責任者」になれません。「管理責任者」とは一人で薬を販売することができる人の事をいいます。「管理責任者」になれないと登録販売者の資格を持っていても、メリットは少ないです。どういうことかと申しますと、これは「登録販売者の求人情報」をみればすぐ理解できます。

登録販売者のアルバイト募集サイト、広告をみると以下の文面がよく書かれています。
アルバイト応募対象:「登録販売者資格をお持ちの方」「登録販売者実務経験を2年以上お持ちの方」

つまり、アルバイトを雇用する側としては「登録販売者実務経験を2年以上持っている」事が重要なのです。

スポンサーリンク

・実務経験のない登録販売者の有資格者が「管理責任者」になるには?

登録販売者の資格試験に合格して、実務経験のない人が一人でも店舗での販売が可能になるには以下の条件があります。
①合格後、前後5年間のうち実務経験が2年間(24か月)あること
②実務経験の計算は、一月最低80時間以上従事した場合一月で計算
③実務経験に含まれる期間
・一般従事者として、薬剤師・登録販売者の管理下で実務に従事して期間
・登録販売者として、薬剤師・登録販売者の管理下で業務に従事した期間

・なぜ雇用主は登録販売者の管理責任者が必要なのか?

一言で言えば、登録販売者の管理責任者が一人でもいれば、その時間は薬を売ることができるからです。登録販売者の試験に合格しただけでは、一人では薬を売ることはできません。いっしょの時間に「薬剤師か登録販売者の管理責任者」が出勤している必要があります。
雇用主は「薬をたくさんの時間で売るために、一人でも出勤していれば薬を販売することが出来る(=登録販売者の管理責任)を求めているという事です。

・「2年間、登録販売者の管理下で実務経験を積ませる」これは雇用主にとってリスクです。

2年間、薬剤師または登録販売者の下で実務経験を積ませるのは、雇用主にとってはリスクです。なぜなら2年後、実務経験が終了し登録販売者の管理責任者として今後は一人で薬の販売をしてもらおうと期待していても2年後はその人は、今の職場いるかどうか解らないからです。女性なら結婚で退職するかもしれません。親の面倒のために、期待した時間に仕事が出来きなくなるかもしれません。だれも2年後なんか解りません。

・では2年の実務経験をどうして確保するか?

ドラッグストアー等、アルバイトで登録販売者を募集している所で、実務経験を積ませてもらう。これが一番難易度も低くおすすめです。
注意点としてアルバイト採用面接の時以下の確認は必要です。
①登録販売者の実務経験として2年間は仕事がしたい
②実務経験として計算される一月80時間、薬剤師または登録販売者の管理下での仕事を希望する。
③2年後実務経験証明書を発行していただきたい。

これで採用されれば、がんばってアルバイトしましょう。採用した方も2年後も登録販売者の管理責任者としてアルバイトをしてほしいと思っているはずですので良くしていただける事も期待できます。

・まとめ

本来なら、登録販売者の資格試験を受けると決めた時点で、実務経験2年をどう確保するか考えておくべきです。私も実務経験は今のアルバイトで実務経験証書は貰えるであろうと、勝手に決めていますがどうなるかわかりません。登録販売者の資格試験に合格したら、聞いてみようと思います。さすがに、登録販売者の資格試験に合格もしていない時点で聞くのは、気が引けます(;一_一)。
ではがんばって勉強します。登録販売者の資格試験を目指している人は実務経験2年をどう確保するかも暇なとき考えておいて損はありません。

スポンサーリンク