登録販売者資格勉強 第3章の「暗記ポイント」4回目 皮膚薬、にきび薬、水虫、頭皮、消毒薬

登録販売者資格勉強の第3章の皮膚薬、にきび薬、水虫、頭皮、消毒薬のまとめです。今回で薬名と成分の暗記ポイント・項目は終了です。あとは漢方生薬をまとめればほほ試験範囲をカバーできるかな?全部覚えるのは大変です。ですがマークシートですからポイント・キーワードだけでも覚えておけば役に立つかもしれません。

スポンサーリンク

・皮膚薬

デキサメタゾン ステロイド性抗炎症成分 末梢の免疫機能低下 広範囲、慢性の症状はダメ
プレトニゾン吉草酸エステル酢酸エステル
ヒドロコルチゾン
フェキサマク 非ステロイド性抗炎症成分 皮膚炎
フェナマート 非ステロイド性抗炎症成分 皮膚炎 副作用で接触性皮膚炎
インドメタシン 湿布薬(プロスタグランジンの産生を抑制) 15歳未満ダメ 喘息の人ダメ
フェルビナク
ケトプロフェン 光線過敏症 接触性皮膚炎
ピロキシカム 光線過敏症
サリチル酸メチル 血行促進
イブプロフェンピコノール にきび治療
冷感刺激成分 急性症状 メントール、カンフル、ハッカ油、ユーカリ油
温感刺激成分 慢性症状 カプサイシン、ノニル酸ワニリルアミド
クロタミトン 皮膚炎、軽い灼熱感で痛みを感じにくくする
サリチル酸  角質軟化
イオウ 角質軟化 ケラチンを変質

ゾンと吉草はステロイド抗炎症、フェは非ステロイドです。インド、フェルビナクはプロスタ抑制の湿布薬。15歳未満喘息はダメ。プロは光線嫌い。ピコとにきびができます。冷感はなんかつめたそうな名前の油が多い。クロタミトンは灼熱。サリチル、イオウは角質軟化

・にきび薬

スルファジアジン サルファ剤 細菌のDNA合成を阻害
ホモスルファミン
スルフィソキサゾール
バシトラシン 細菌の細胞壁合成を阻害
硫酸フラジオマイシン 細菌のタンパク質合成を阻害
クロラムフェニコール

ファ・スルはサルファ。パシと細胞壁。クロはタンパク質。

 

・水虫薬

オキシコナゾール硝酸塩 イミダゾール系 皮膚糸状菌の細胞膜の産生を妨げたり、細胞膜の透過性を妨げる
クロトリマゾール
ブテナフィン塩酸塩 皮膚糸状菌の細胞膜の産生を妨げる
テルビナフィン塩酸塩
シクロピロクスオラミン 皮膚糸状菌の輸送機能を妨げる
ウンデシレン 患部を酸性にすることで発育を抑える
ピロールニトリン 菌の呼吸や代謝を抑える

ゾールはイミダゾールで産生と透過性。塩酸塩は産生のみ。シクロピオは輸送機能、酸は酸性、ニトリンは呼吸です。

・頭皮の薬

カルプロニウム塩化物 コリン作用で血行促進
エストラジオール安息香酸エステル 女性ホルモンで脱毛予防

頭皮はカルプロニウムのみ。

・消毒薬

 クリノール  皮膚の細菌    黄色
 キシドール  皮膚の細菌    刺激性があり目の周りの使用はダメ
 ーキュロクロム  皮膚の細菌    有機水銀の一種 イードチンキとはダメ
 ビドンヨード  皮膚の細菌、真菌、結核菌、ウイルス ヨウ素とPHP 水溶性
 ードチンキ  皮膚の細菌、真菌、結核菌、ウイルス ヨウ素とエタノール
 クレゾール石鹸  皮膚、器具の細菌、真菌、結核菌
 エタノール  皮膚、器具の細菌、真菌、結核菌、ウイルス 粘膜刺激性で目口回りダメ
 イソプロパノール  皮膚、器具の細菌、真菌、結核菌、ウイルス エタノールより効果低い
 次亜塩素酸ナトリウム  器具の細菌、真菌、結核菌、ウイルス 金属腐敗性プラッチックも
 サラシ粉  器具の細菌、真菌、結核菌、ウイルス
 ジクロルイソシアヌル酸ナトリウム  器具の細菌、真菌、結核菌、ウイルス  プールの殺菌消毒
 トリクロロイソシアヌル酸

アオマポヨは皮膚。石鹸、エタノール、イソプロは皮膚器具、次亜塩素・サラシは器具です。変りもはヌル酸でプール好き。

・まとめ

記事を書いてて思ったことです。やはりなんでも、まとめる作業は覚える事に有効です。まとめているうちに内容の確認をしたりするので、作業している中に少しは覚える事ができます。

あと、こちらの記事で私のやった勉強方法、合格テクニックをまとめてあります。

【保存版】初心者が登録販売者資格試験に4か月で一発合格した勉強方法

▼あとこちらが私が使ったテキストです。クリックすると詳細が確認できます

・7日間でうかる!登録販売者テキスト&問題集
▼画像をクリックすれば本の詳細がみれます。

スポンサーリンク