手取年収100万円生活のアルバイトの買い物基準について、頭で考えるとこうなった。

手取年収100万円のアルバイト生活をしているとちょっとした買い物にも躊躇してしまうこの頃です。豊かな日本で生活していると欲しい物がすぐ出てきます。欲しい物を買うのではなく必要な物を買うことが無駄使いをしないコツといいます。生活必需品はその通りだと思います。では生活必需品以外の物は何を基準に買えばいいのかな?とふと考えました。今回はそんなお話です。下記に私の「買い物基準」を載せています。すべて「YES」と答えれれば、それは買うべきものです。ですが自分で作成してみたら、すべての基準に「YES」と返事できる、そんな物無いなと気がつきました。あればみんな買っています。その「買い物基準」は

スポンサーリンク

・手取年収100万円で生活するアルバイトの買い物基準

①それを買ったら、維持費は掛かりませんか?

②それを買ったら、税金は増えませんか?

③それを買ったら「お金」を生みますか?

④それを買ったら健康にプラスになりますか?

⑤それを買ったら固定費(定期的支出)の削減になりますか?

⑥それを買ったら捨てるとき費用は掛かりませんか?いらなくなれば換金できますか?

⑦それを買ったら毎日使いますか?

⑧それを買わなくても代替手段・代替品・代替サービスはありませんか?

①~⑧の買い物基準ですべて「YES」と言えるものしか買わないとすれば、何も買えません。個人個人の価値観により5項目YESと答えれれば購入するというようなマイルールを作り活用するのがいいかもしれません。

買うべきものが決まればあとは安く売っているお店を探して購入するだけです。同じ物・品質なら安いのが良いに決まっています。しかしここでもう一つチェック項目があります。それは
耐久消費財(パソコン・自転車・テレビ・冷蔵庫など買えば数年は買い替えない物)ならば、旧モデルとの価格比較です。旧モデルと比較して性能・デザインで満足できるならば値段の安い旧モデルにすべきです。最新モデルを買ってもすぐ型落ちします。人気の旧モデルは在庫が薄いという問題がありますので、品切れだけには注意です。しかしネット通販の発達で商品の在庫もすぐ確認できる世の中になりました。売り手より買い手が強くなったとも言えるかもしれません。ついでに購入する時はクレジットカードを使いポイントも貯めましょう(1回払いで)。クレジット明細は後日購入物リストとしても活用できます。

・最後に「この基準で買い物すると趣味がもてません!!!」という問題

手取年収100万円生活のアルバイトですから、普通お金の掛かる趣味は私は持っていません(参照記事:年収100万円生活の息抜き)。持てないという表現が正確ですか(苦笑)。ですがお金の掛かる趣味がどうしても辞められないとすれば、趣味のお金が必要な分働き、手取収入を増やしましょう。

今回のまとめ
「買い物ってその人の人生観が出てきます。自分の買い物軸を持つことは必要です。ただし他人に強要しないこと」

▼あとこちらの記事で私のやった断捨離の考え方・方法をまとめました
⇒【保存版】自分だけの断捨離の設計図の書き方!人生がストレスフリーになるたった一つの方法

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*