【保存版】自分だけの断捨離の設計図の書き方!人生がストレスフリーになるたった一つの方法

断捨離についてどうすればいいのか悩んでいませんか?この記事は「私の断捨離の方法・やり方」をまとめた記事です。私は正社員として働いているとき9回の転勤と引っ越しを経験しました。現在はWワークアルバイトとして生活しています。その経験の中で「私の断捨離の方法・やり方」が出来上がりました。断捨離は断捨離する人の数だけ断捨離方法、やり方が有ります。今回は「私の断捨離の作り方」の詳細までまとめてみました。読まれた方の「私の断捨離の作り方」の参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

目次

初めにそもそも断捨離とは?

断捨離の考えの根本は「不要な物を減らし生活の調和を目指す」考え方、思想です。
その手段として
・断=入ってくるいらない不要なものを断つ
・捨=家にあるいらない不要な物を捨てる
・離=物への執着から離れる
断・捨・離を実行し身軽で快適な生活・心・人生を手に入れることを目標としています。

私は整理整頓が大好きでした。その中で断捨離の考えを知り生活に取り入れていきました。その断捨離を自分に取り入れていく中で、私はすこし断捨離をアレンジしています。そのアレンジした内容は
・改=新しく正し、あらためる。
自分の生活・人生を豊かにするもの、時間を節約できるようになるもの、ストレスを減らしてくれるもの、サービスは積極的に取り込んでいく。

もの、サービスは今後も進化していきます。いたずらに拒否するのではなく利用していくという考えです。私の断捨離は
・断=入ってくるいらない不要なものを断つ
・捨=家にあるいらない不要な物を捨てる
・離=物への執着から離れる
・改=新しく正し、あらためる。
の4つを取り入れた考えです。

それでは私の「断捨離改」の具体的詳細のお話しを始めます。

断捨離の目的は明確に設定する!

このサイトの名前でもわかると思いますが、「私の断捨離」の目的は
「正社員を辞めアルバイトで低収入になってもストレスなく生きていきたいなぁ」
ということが、始まりでした。正社員時代の転勤引っ越しのたびに、身の回りの物は減らしてきました。本当の意味で「人生の生き方として断捨離」を取り組んだのは正社員を辞めた時がスタートでした。

アルバイトで生活していくならば、「お金」の使い方は「厳選」しなければ!

それが私の断捨離のスタートです。私の断捨離の目的をまとめますと以下の順番に変化していきました。
初めは「アルバイトの収入しかなくても、お金の使い方を厳選すればストレスなく生きていけるのでは?」
そして「自分にとって本当に価値があるもの明確化する必要がある」

最終的に
「お金」はストレスなく生活する為の最低限の物の購入に抑え「自分のやりたい事、体験、経験」にお金を使おう!その為に断捨離をしよう。

みなさんの断捨離の目的は何ですか?

▼私の断捨離の考え方の記事です。
私の断捨離の考え方。断捨離は人生だ!!

【見えるものの断捨離】

ストレスなく生活する為に、私の断捨離の衣食住!

人は生きていく為に「衣食住」が必要です。私の「衣食住」の断捨離の過程はこんな感じでした。
①衣
初めは「正社員サラリーマン生活に必要な身だしなみをそろえる服」と「私生活で着る服」を両方持っていました。そして「正社員でいるかぎり正社員らしい服装は捨てられない」と。最終的に「アルバイトになれば正社員で必要な服は捨てられる」に考えは変化しました。実はこれが正社員ではなく、フリーのアルバイトという雇用形態を選んだ私の隠れた理由でもあります。

▼私の服の断捨離のお話し
私の断捨離 服の捨て方です。必要枚数、服の数、は着回しでここまで解決できる!

▼私の靴と下駄箱の断捨離のお話し
断捨離 私のお気に入り靴と厳選理由!プラス空いた下駄箱スペースの活用方法

②食
大学生活から社会人、正社員サラリーマン生活のすべて外食、中食ですませています。
初めから最終的に今でも変わりません。大学生協では300円で定食が食べられました。私は1日2食で全然平気です。ちゃんとした食事1回と間食でも平気な時もあります。またグルメでもなく、好き嫌いも食べ物はありません。自炊費用と外食中食との経済性、時間の活用性を考えて自炊は断捨離しました。
※実家暮らしの現在は食費、部屋代と考え家にお金を入れています。

▼私のキッチンの断捨離のお話しです。
私の断捨離 まだキッチンを使っているの?特に一人暮らしでは必要ないでしょう!

③住
正社員時代にはワンルームから2LDKまで住んだことがあります。一人暮らしで2LDKに住んでいたのは、地方で転勤引っ越しした時です。地方はワンルームとかない場所があります。
住居を断捨離するときは一緒に考えなければならない事に、生活移動手段(車と駐車場)があります。
最終的に住居の断捨離は「実家一部屋+自転車」の組み合わせが最強というのが「私の断捨離」です。次が「都会中心部のワンルーム+公共交通」です。

みなさんのストレスなく生活する為の衣食住は何ですか?

▼部屋の間取りのお話し
私の断捨離 断捨離好きな人はワンルームとウォークインクローゼットの間取りが最強です!!

▼自転車の断捨離のお話し
私の断捨離 自転車は田舎ではやっぱり必要なんです。

▼車の断捨離のお話し
ミニマリスト 断捨離で車を売る!!車を売ったお金でもっと豊かに生きる方法

▼部屋の断捨離のお話し
ミニマリスト 私の断捨離のやり方!部屋に必要な物だけ残す方法。家具家電と小物編

▼本の断捨離のお話し
私の断捨離 本はまだ捨てられず。捨てられないから整理整頓はします!

1日の生活行動をスケジュール化・見える化して必要な物を選択する!

「私の断捨離」では生活スケジュールから必要な物を選択しています。朝起きてから寝るまでに必要な物のリストアップに効果的です。
【毎日】
①起床          ベット、寝具一式、目覚まし時計、寝る用の服
②歯磨き、洗顔      歯ブラシ、歯磨き粉、フェイスタオル、身だしなみ用品
③着替え         私服
④仕事がある日は通勤   自転車、リュック、財布、スマートフォン、
⑤仕事中         ユニホーム
⑥帰宅          ④通勤と同じ
⑦食事・自由時間     ノートパソコン、モニター、テレビ、テレビ台
⑧お風呂         シャンプー、ボディーソープ、バスタオル、下着
⑨就寝          ①起床内容と同じ

【休日】
①掃除・洗濯       洗濯機、クイックルワイパー、雑巾、ウエットテッシュ
②買い物         自転車
③身だしなみ       爪切り等、

【月1回】
①散髪          用意するものなし
②雨用          傘、自転車用レインコート

【夏、冬に必要な季節品】
①夏 扇風機、氷まくら
②冬 電気毛布、電気ケトル、手袋、マフラー、

みなさんの生活スタイルで必要な物は何ですか?

▼私の13個のお気に入り所有物の話し
私の断捨離 9回引越し転勤しても最後に残った13個の物のお話し【電化製品編】

▼ベットの断捨離のお話し
私の断捨離 ベットは必要かと聞かれれば絶対必要と答えます!その4個の理由。

▼冬支度のお話し
ミニマリストの冬支度のお話し。最低限なにを所有すれば冬を越せるか?

▼夏対策のお話し
手取年収100万円で生活するアルバイトには、クーラーは必要なし。代替手段はあります!。

断捨離する具体的手順・順番を決める!

残すものが決まればあとは捨てるだけです。でも後でやっぱり必要だった?と後悔することが無いようにする事が大切です。その為には「倉庫部屋」を活用しましょう。倉庫部屋を用意できなければとトランクルームを使う方法もあります。
私は玄関(靴、下駄箱)⇒キッチン⇒部屋(服、電化製品、小物)の順番でやりました。これはワンルームで暮らしていた時のパターンです。小さな空間から断捨離してスペースを空けていくとそのスペースが一時倉庫として活用できます。

みなさんの断捨離の順番はきまりましたか?

▼私の断捨離の順番の詳細です
私の断捨離の成功する簡単な順番! 準備なくして成功なし「断捨離部屋=倉庫部屋」をまず確保する!これが成功のコツです!

ムリ・ムダ・ムラを排除した部屋のレイアウトを作る!

物が減っても生活していく中で、部屋に物は増えていきます。強制的に部屋に入ってくるのは郵便、書類(仕事上)です。また自炊をしなくても、弁当の空き箱、ペットボトルを飲めば空の容器のゴミが出ます。断捨離した生活、部屋を維持するには「すぐ捨てられるゴミ箱の配置」が重要です。
また、自動掃除機ルンバなどが多くのメーカーから発売されています。レイアウトは自動掃除機を活用する前提できめましょう。私も将来活用する予定です。自動掃除機は掃除の手間を断捨離できると考えています。

みなさんのストレスのない部屋のレイアウトは決まってますか?

▼書類の断捨離のお話し
私の断捨離の方法 書類編!会社の購買部で「文書管理責任者」をしていた私が教えよう!

▼モノを断捨離した効果についてのお話し
私の断捨離 それで断捨離の効果はどうなの?やってみた感想を語ろうか!

【見えないものの断捨離】

自由な時間は雇用形態の断捨離で作る!

1日は24時間しかありません。その時間をストレスない時間にすること。好きな事だけをしている時間になれば素敵です。普通の日本人の社会人ならば8時間睡眠、8時間仕事、8時間生活の時間になります。その中で大切なのは8時間の仕事の時間です。
仕事の8時間が苦痛でストレスだけならこれほど苦しい人生はありません。
今の日本では正社員以外にも地域限定社員、契約社員、パート、アルバイトいろいろ選べます。
社会保障も長期雇用も望めます。

みなさんは本当に自分の自由な時間を持っていますか?

▼正社員からアルバイトになって解ったことのお話し
私の断捨離【人間関係編】正社員の立場を断捨離してアルバイトになった私が得た4個のもの

正社員生活を断捨離する。「苦しい人間関係=ストレス」の根本原因です!

正社員サラリーマンの職場での人間関係は苦しいのは理由があります。それは「自由」ではないからです。自分の裁量で決められる事は基本ありません。すべて許可と承認が必要です。自分がやりたくもない達成したくない目標に向かって努力しなければなりません。仕事をする仲間も当然自分で選べません。それでは人間関係は苦しくなるだけです。企業会社は常に成長することが宿命的に求められます。一つの目標を達成すれば、次に常に高い目標が課せられます。それではいつか消耗するしかありません。

みなさんは本当に自分の好きな仕事をしてますか?

▼人間関係の断捨離基準のお話し
私の断捨離基準 クリスマスを断捨離しようとして気がついた大切な2つのコト?(ちなみに妄想含む)

自分だけの断捨離の設計図を作る5個のチェックリスト

自分に最も適した自分だけの断捨離を作るためのチェックリストです。これから断捨離しようとする人はぜひチェックしてみて下さい。

【見えるもの編】
チェック1 : 断捨離しようと思った理由はなんですか?
チェック2 : 生活スタイルから「衣食住」の変えられないもの捨てられないものを確認する。
チェック3 : 1日の生活行動から必要な物をリストアップする。
チェック4 : 断捨離する順番を決める。空間で決める。

【見えないもの編】
チェック1 : 雇用形態は本当に自分にストレスはありませんか?
チェック2 : 仕事内容は自分がやりたい事ですか?

みなさんはどこまでチェックしましたか?

物を新しく購入するときの判断基準

断捨離したシンプルなストレスの無い生活を始めても、価値のある新しいモノ・サービスは積極的に取りいれて生活を豊かにするのが私の考えです。今後もますます進化していくでしょう。しかししっかり自分の生活に必要か判断する必要があります。基本は今あるものとの交換できるかどうか?より省エネに貢献できるかどうかが重要です。

▼この記事は私の買い物判断基準について書いた記事です。
手取年収100万円生活のアルバイトの買い物基準について、頭で考えるとこうなった。

みなさんのものを購入する基準は何ですか?

私の断捨離のまとめ

私は断捨離を人生設計の道具として考えます。人の幸福感は人それぞれです。
ですが間違いない事実として
・お金を使わないでストレスが無い生活出来れば、少ないほどよい。
・心身ともに健康である。
・自分の好きな事をしている時間が多いほど幸せである。
があります。

断捨離で低コストでストレスのない環境を作れれば、本当に欲しい物、雇用形態、仕事も得ることが出来ます。

読まれた方の自分だけの「私の断捨離を作る」参考、ヒントになれば幸いです。

みなさんは自分だけの断捨離の設計図は書けましたか?

スポンサーリンク