車は現金購入か?リースか?レンタルか?カーシェァリングか?または必要ないか?

今回は「車」のお話です。私は東京23区、大阪市内にも住んでいた時があります。地方都市(県庁所在地)やまたそれ以下の小さな市にも住んでいました。正社員時代に転勤で国内いろんな所で生活した経験があります。それで解った事は、都会では車は生活の為に必要はありません。鉄道、地下鉄の交通網の発達した都会では車の所有は「見栄の為か趣味」以外に経済的な合理性は感じませんでした。

「手取年収100万円からの生活」を考えた時、「車の必要条件」と「車が必要ならその選択肢」について考えてみたのが今回の記事です。

スポンサーリンク

車の必要性?必要な人はどんな人なのか?

1.車でしか通勤出来ない場所に仕事場がある。

イメージとしては山中の工場団地に勤務している人です。使用頻度も毎日です。

2.車を趣味として大好きな人。

趣味で車が大好きな人です。これは個人の趣味ですので他人がとやかくいうものでもありません。

3.車を所有している事を周りにアピールしたい人。(女性にモテたい人←男性の場合)

車を所有する経済力があることを暗に自慢したい人が、当てはまります。

車が必要ならその選択肢

1.購入

2.カーリース

3.レンタル

4.カーシェアリング

詳しい説明はこの記事では省きます。興味がある人は専門のサイトがたくさんりますので参照してみて下さい。今の時代は、購入以外にも多くの選択肢があります。必要に応じて使い分けるのが最も合理的です。すべてメリット、デメリットがあります。またサービスも日進月歩で変化しています。今回詳細を省いた理由はこの為です。自動車業界は車を売るために今後も多様なサービスを展開してくるでしょう。

 

車の必要性は無いが、漠然と「車がほしいなぁ」と思っているあなたへ

私も、たまに車があったらいいなぁと思う時があります。正社員時代、過去2回ほど車を乗っていました。

車を購入するなら、品質が同じなら安く買うのが一番賢い方法です。

その方法は現金一括購入です。その現金を目の前に置いて、そのお金があれば、車購入の他に出来る事を考えてみましょう。海外旅行どこいけるかな?、おいしいものを食べるな?それでも車が欲しいと思える人は、車を購入すべき人です。

もし今私が車を購入するならどうするだろう?

最後に私が車を購入するならどうするだろう?と考えてみました。

軽自動車‥‥年間維持費が安い。燃費が良い。

新古車‥‥‥自動車登録だけ済ました未使用車。または走行距離数キロの中古車。

購入方法‥‥現金で一括購入。

こんなところでしょうか?あと私はけっこう飽きやすいので、後で「何で買ったんだろう?」と後悔するのが嫌なんで、なるべく安い車種を選ぶような気がします。

まとめ

車の業界は今後大きき変わっていきます。それは「電気自動車の普及」です。アメリカ、EU、中国はガソリン車、ディーゼル車の販売を規制する流れが有ります。環境保護、二酸化炭素排出削減が目的です。

電気自動車の普及は個人的には期待しています。家で充電出来て、ガソリン代も掛からない。ついでにその電気は自家用太陽光発電でまかなえれば素敵だと思います。

日本では「若者の車離れ」が言われているように車は売れていません。売れても軽自動車です。それは「若者の車離れ」では無く「若者が経済合理的に行動すれば車は所有するものではない」と判断しているのでしょう。

▼あとこちらの記事で私のやった断捨離の考え方・方法をまとめました
⇒【保存版】自分だけの断捨離の設計図の書き方!人生がストレスフリーになるたった一つの方法

スポンサーリンク