私の断捨離 ベットは必要かと聞かれれば絶対必要と答えます!その4個の理由。

私の断捨離、ミニマリストのお話しです。断捨離情報を読んだり収集するとベットとテレビは必要、不必要と大きく意見の分かれます。断捨離の永遠の問題です。私はベットは必要派です。私の断捨離は物を減らすことが目的ではありません。ストレスなく生活するのが目的です。ベット無し生活も体験し解ったことがあります。そこで今回は「なぜ私はベットは必要と考えるのか?」その理由を語ってみました。この記事はそんなお話です。

ベットの役割は寝る場所だけではないでしょう⇔私は強く言いたい!

ベットは寝る場所という生活の機能があります。人は1日6~8時間は寝ます。その睡眠時間の質を上げるのは、ストレスを解消し生きていく上で大切です。ベットは寝る場所という機能だけではなく、思い立てばすぐに横になれる場所という機能もあります。これは私にとって重要な事です。

それでは私のベットを断捨離しない理由を4個を紹介します。

①ベッドは暖房器具!ゴロゴロ出来る天国のような場所

冬になるとベットに入っていればそれなりの暖房具としての効果もあります。私の住む地域は冬になると雪が降ります。部屋には暖房が入っていません。暖防具のメインは電気毛布です。電気毛布とベットが無ければば雪の冬をこせません。

ちょっとした時にすぐに体を横にしたい人は絶対ベットは断捨離してはいけません(笑)

②ベットが無ければ毎日、布団、毛布を用意する必要があります。それは時間と労力のムダ

私は敷布団で生活した時もあります。私は敷布団の寝心地も好きなんです。がしかし敷布団の用意は時間のムダと思います。結局、布団を敷きっぱなしになってしまいました。その時これじゃ床ベットと一緒だなと思ってしまいましたよ。その経験から私はベット必要派に戻りました。

私の断捨離は生活の効率化という意味も重視しています。

③ベットは床から50cmの高さが大切。衛生的です。

敷布団で寝ていた時にもう一つ気がついたことがあります。床に近い空気って汚れているような気がします。見えないゴミが浮いているような感じです。それが私は好きになれませんでした。
少し調べてみると

「ホコリは空気に浮遊し、空気の動きがないとホコリの思いものから床に落ちていく」

そうです。そりゃそうですね。いつのいまにかテレビ台の上にうっすらと積もっているホコリです。床に近いとホコリを吸う可能性が高くなります。マジ勘弁です。

④ベット下が収納になっているのタイプは整理整頓に便利です(服、冬用寝具)

ベットが部屋を狭くするというデメリットがあります。しかしベットの下が引出収納になっている商品もあります。その引出は整理整頓、収納で結構使えます。私は夏物、冬物に分けて季節で使う手袋、マフラー、防寒服、毛布の収納に利用しています。ベットに収納とうい機能を持たせれば場所を取るデメリットも少しはカバーできます。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます。私のベットは断捨離の必要なしの理由を4個紹介しました。その中でも特に、ホコリは床にたまるので床に近いところで寝るのは衛生的に辞めた方が良いというのが私の理由です。医学的な知見ではゴミを吸いすぎるのは当然よくありません。ホコリの多い解体作業ではみんなマスクをして作業しています。床で寝る時とベットで寝る時のホコリによる健康への影響が医学的に証明されれば「断捨離でベットは必要、不必要?」問題に決着がつくときでしょう。
よまれた方の断捨離のヒントになれば幸いです。

 

合わせてよみたい

▼あとこちらの記事で私のやった断捨離の考え方・方法をまとめました
⇒【保存版】自分だけの断捨離の設計図の書き方!人生がストレスフリーになるたった一つの方法

スポンサーリンク