本の整理はどうしてますか?ブックカバーとワタシ文庫で整理整頓してみたよ!

11月ですね、読書の秋です。今年も終わりです。これからは早く時が過ぎていきそうです。私は

本を読むのが好きな方です。最近は読書ペースも落ちましたが年に数冊は読みます。みなさん本は

よんでますか?正社員サラリーマン時代は転勤のたびに、もう読まないと思った本は処分してきま

した。それでも捨てられなかった本が何冊もあります。そんな蔵書の整理の話です。

「ワタシ文庫」って何?

ワタシ文庫とは読書記録のアイテムです。写真を載せますとこんな感じです。

▲画像をクリツクすると商品の詳細が出ます。

記入できる内容は左から ①日付 ②書名 ③筆者名 ④感想文 です。

ワタシ文庫1枚で表面10冊分、裏面10冊分で合計20冊分の情報を記録できるアイテムです。

ブックカバーのメリットとデメリツト?

 

本は普通は本棚に整理しますよね。でも本棚も部屋の場所をとるので正社員時代の転勤の時に処分

しました。

今はブックカバーをつけて床に積んでいます。私の捨てられなかった本はすべてバックナンバー入

りのブックカバーを付けています。

ブックカバーのメリットは

①本に統一感が出ることです。

②読んでいる本の題名が隠せる。

また人によっては周りの人に読んでる本がばれてしまうのが嫌な人も多いと思います。読んでる本で人となりが推測されるのが恥ずかしいですよね。私もそうです。

③本が傷むのを守る。という本来の役割もあります。

反対にデメリットは

①本の題名が解らなくなることです。

これは読み返したい時には大変困ります。

ブックカバーは無料でダウンロードがおすすめ

私の使っているブックカバーはこちらから無料でダウンロードしました。

「FUMIKURA」という無料サービスです。こちらではバックナンバー付のブックカバーをダ

ウンロードできます。

他にもいろいろなブックカバーが無料で提供されています。

ワタシ文庫でブックカバーのデメリットを解決

ブックカバーのデメリットはナンバー付のブックカバーバーとワタシ文庫で解決できます。

ブックナンバーをワタシ文庫に記入する事で、ブックナンバーだけで本の題名、内容が解るように

なります。

私はワタシ文庫の日付の欄にブックナンバーを書いています。

まとめ

本の整理整頓は人の好みが出る問題です。最終的には各個人の好き嫌いになるのかぁと。シンプル

整理したい派の私は「ブックナンバー入りブックカバー」+「ジブン文庫」に落ち着きました。

蔵書がたくさんある人、捨てられない本がたくさんある人で統一感を持って本を整理したい人は

よろしければ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク