ミニマリスト 私の断捨離のやり方!部屋に必要な物だけ残す方法。家具家電と小物編

数年前に人口100万オーバーの大都市から田舎の実家に戻ってきました。実家に戻ってきたときの引っ越しで不必要な物は処分してきました。今は実家に一部屋だけ賃貸している気分で生活しています。それでも気がつくと部屋にはいろいろな物が溢れてきます。そこで今年もう一度「本当に自分に必要な物」を選別する断捨離をしました。私の断捨離のやり方、方法の記事になります。家具、家電、小物の断捨離のお話しです。
これから断捨離する人、整理整頓しようとしている人、大掃除をしようとしている人の参考になれば幸いです。

目次

今回の断捨離の目的「部屋に毎日使う必要な物だけ残す」です。

私が事前に用意準備した物は以下の物です。

1.もう一部屋 =倉庫部屋
(断捨離したい部屋のとなりの部屋がベスト、または使用頻度の低い部屋)
2.ノートとペン
ペンは赤色と黒色の2色ボールペンがよいです。ノートは継続して断捨離をしていこうと考えている人は新品1冊を用意しましょう。断捨離のたびに使います。ノートの使い方は後程で。
3.ゴミ袋
お住まいの地域の家庭用ゴミ袋。

断捨離の準備として「倉庫部屋」と書きました。倉庫部屋って何?と思われた方は別記事の参照をお長居します。

▼これが断捨離を実行する前の準備の詳細について書いた記事になります。⇒私の断捨離の成功する簡単な順番! 準備なくして成功なし「断捨離部屋=倉庫部屋」をまず確保する!これが成功のコツです!

断捨離は順番をもって実行するのがコツです。楽に楽しく?

私の断捨離のやり方、方法は以下のような順番で実行します。

順番1:部屋の動かせる物はすべて別の部屋=倉庫部屋に移動させる (基本小物はすべて)

まずは、小物をダンボールにまとめて動かしましょう。カバン、リュツク、雑誌、本、床に置いてある物をまずはすべて倉庫部屋に持っていきます。

順番2:家具、家電も倉庫部屋に動かすのか?

そうすると私の部屋に残るのはベット、パソコン、パソコン机、テーブル、TV、TV台だけになりました。ここで1回目の断捨離の判断をします。「これは毎日使うかしら」を基準で倉庫部屋に動かすかどうか決めましょう。私の場合はすべて毎日使うので残しました。

順番3:倉庫部屋に移動させた物を断捨離!!断捨離しながらノートを記入

では、倉庫部屋は当然動かした物であふれています。ここからが本番です。「残す物」と「捨てる物」を分けて行きます。「残す物」は4種類に分けます。分け方は
①毎日使う物 ②1週間で1回は使う物 ③月に1回は使う物
④ライフログ的な物
上の基準に入らない物はすべてゴミ袋行きです。迷うことなく捨てましょう。④のライフログ的な物に関してすこし説明をします。ここで言う私のライフログ的な物とは「過去の日記、卒業アルバム、過去のスケジュール帳」などを指します。私はこのような物は残しています。自分の生きてきた証の物です。捨てるのがいいのかどうかは、各個人の断捨離の考え方になります。ただし一度も使った事がない贈答品などはゴミ袋に捨ててます。

手順4:残した物をノートにリストアップする

次に倉庫部屋に残した物をノートにリストアップして記入していきます。なぜかと言うとまた同じ物が有るのに購入してしまわない為です。特に小物は安いので、無ければすぐ新しい物を購入してしまいます。そして同じ物が増えていくというパターンになっていきます。

その後毎日使う物を部屋に戻す。

ここまで出来たら後は簡単です。毎日使う物だけを部屋にもどしましょう。ちなみに私が部屋に戻した「毎日使うものリスト」はこんな感じです。
小物関係
・目覚まし時計 これが無いと私は朝おきられません。携帯アラームは不安です。
・スケジュール帳 これも仕事の出勤時間の確認に毎日かかせません。
・携帯の充電器およびコード
・WIFIルーター
・アルコール除菌ウエットタオル 毎日使います。ちょつとした掃除汚れた物をふくのに使用
・テッシュ
・仕事の通勤用リュツク

家具家電関係
・寝具一式
・電気毛布 電気カーペツトではなく電気毛布です。起きているあいだは座布団替わりにひています。電気代も電気カーペツトより安くおすすめです。今は冬なので毎日使ってます。

ここで一度断捨離を終了します。ただし一旦です。

この状態で、頭で考えた「部屋には毎日使う物」だけになっているはずです。ちゃんとストレスなくこの部屋で生活できるかやってみましょう。最低1週間は断捨離した部屋で生活してみましょう。そうすることで、必要だった物が出てくるかもしれません。

1週間で1回は使う物はどうするの?

1週間ぐらい断捨離した部屋で生活していると、倉庫部屋に置いておいた1週間で1回は使う物が必要になってきます。それを次に部屋に戻さなければなりません。次に私の1週間で1回使う物の部屋への戻し方をご紹介します。

手順5:「リュツクに入れてまとめて保管する」です。

1週間で1回ぐらいしか使わない物は決めたリュツクに入れて部屋に置いときます。リュツクは壁につるすことも出来ますので便利です。リュツクを「1週間で1回使うもの入れ」として収納道具として戻します。そうする事で移動も楽ですし部屋の見栄えもいいです。

断捨離した部屋を維持する方法について考えよう

ここまできたら部屋はかなりシンプル、自分の好きな物、必要な物だけに囲まれた部屋になっているのではないでしょうか?あとは鉄の意志を持つて維持するだけです。鉄の意志?が無い人はどうするのでしょうか?私も鉄の意志はありません。ですが断捨離した部屋を維持する方法があります。

手順:6定期的な断捨離月をスケジュールに決めてしまう。

私は7月と11月です。理由は夏前と冬前です。夏と冬では生活スタイルが大きく変わります。物でいえば夏前には扇風機を出したり、冬前は電気毛布、コタツをだしたりする人はおおいでしょう。それと一緒に取り組みます。

手順:7仕事の日使用、休日の日使用するリュツクを作る

カバンかリュックを2つ用意します。一つは仕事に持っていくリュック。もう一つは休日遊びで使うリュックです。それに仕事で必要な物、休日に使うものはすべてしまいます。そうする事でリュック2つでかなり小物は整理できてしまいます。
私のリュツクはこんな感じです。
仕事用・・・仕事ユニホーム、筆記用具一式、折り畳み傘

遊び用(休日用)・・・ポータブルゲーム機、

そしてもう一つリュツクを用意します。そのリュツクには「薬、衛生用品」を入れておきます。

最後に倉庫部屋に残した月1回は使う物はどうするか?

物にもよりますが、残すなら「倉庫部屋」に保管すべきです。あるいは部屋の押し入れ収納かクローゼット保管です。見えない所に保管するときに大切な事は必ずノートにどこに何を保管したかリストにしておくことです。これでノートを見れば、何をどこに保管しているか管理できます。残してみて1か月たってもやはり使わなければ迷わず捨てましょう。

生活をしてみて必要な物が出てきたら、倉庫部屋から取り出します。この時ノートが役に立ちます。取り出した物をチェックしておきます。私は取り出した物は「薬、衛生用品」ショルダーバックに入れておきます。

私に倉庫部屋のリストはこれです
本・・・・・今まで引っ越しでも捨てられなった本
書類・・・・契約書類、年金書類、銀行口座関係書類
工具・・・・ドライバー、ラジオペンチ等
あとは立て鏡、ビデオデッキ、ステレオ、アンプ、スピーカー、旅行出張用キャリーバックです。

捨てる前にお金にかえられるものは変える

今の時代は大きな家電を捨てようとするとリサイクル料金などを取られる時代です。それならば捨てる前に考える事は2つの方法しかありません。

誰かにあげる。誰かに売るの2つの方法です。

誰かにあげる⇒友人、知人をあたれば誰かは引きとつてもらえます。これで余分な出費は抑えられます。
誰かに売る⇒友人、知人に売れなくとも方法はあります。

メルカリに出品する。買取り業者に一括して売るなどが代表的な換金方法です。
メルカリのメリットは、なんでもすぐ出品出来る事。デメリツトは梱包、発送、等自分でやる事が多い事です。入札者との値段交渉も出てくることがあります。

宅配買取のメリットはまとめて1回送れば終了です。煩わし手間もありません。査定料・梱包キツト・送料・買取手数料・振込手数料・返送料全て無料です。
特に大きな家電は出帳買取が利用価値があります。家電の出張買取は全国対応、完全無料、全国出帳、上場企業運営の買取会社がおすすめ⇒家電売るならこちら!

アクセサリー、ブランド品の多い人のおすすめですは24時間受け付け、最短翌日入金、査定額が高い満足価格!ブランド品買取【スピード買取.jp】

まとめ

自分が生活する部屋と倉庫部屋の2つの部屋を利用する事で断捨離は効率良く出来ます。倉庫部屋を確保できない人は廊下でもベランダ、押し入れ、クローゼツトを使います。まずは自分が生活する部屋から物を出すことが大切です。

もしあなたがワンルーム暮らしなら、いきなり捨ててしまうのもアリです。迷ったものはワンルームの玄関キッチンの廊下にまずは積んでおきましょう。ワンルームでもまずは部屋から物をなくすのがスタートです。それが断捨離のコツです。

こうすると、ビジネスホテルのような部屋になってしまいます。東横インやアパホテルのシングルルームのような感じです。そういう意味ではビジネスホテルの部屋はシンプル、必要最小限に機能を収めた空間です。

今回の記事が断捨離、大掃除、整理整頓のヒントになれば幸いです。

【おまけ】断捨離してみて、部屋で一つだけ増やしたい家電があります。

 

お掃除ロボ「ルンバ」です。不要物を売ったお金で買えれば最高ですね。断捨離した部屋をきれいな状態に保つには床に物を置かないことです。そこでお掃除ロボなら一人で掃除してくれるし、床に物を置かなくなるのでいいのでは?ともっか悩み中です。(笑)

 

 

合わせて読みたい

▼あとこちらの記事で私のやった断捨離の考え方・方法をまとめました
⇒【保存版】自分だけの断捨離の設計図の書き方!人生がストレスフリーになるたった一つの方法

スポンサーリンク