私の断捨離の成功する簡単な順番! 準備なくして成功なし「断捨離部屋=倉庫部屋」をまず確保する!これが成功のコツです!

私の断捨離のお話です。断捨離して、「やっぱり必要だった。」とか「断捨離してもすぐリバウンドする」という悩みは有りませんか?欠局は断捨離のつもりが大掃除と部屋の模様替えで終わってしまったという悩みです。今回のお話は、「必ず断捨離が成功するための準備」のお話です。後悔しない断捨離のやり方、方法です。
読まれた方の断捨離のヒントになれば幸いです。

私の断捨離は「断捨離部屋」の準備、用意から始まります。

断捨離部屋と書きましたがこれは倉庫部屋のことです。断捨離部屋=倉庫部屋を準備すれば断捨離はまず成功すします。

断捨離部屋とは断捨離する部屋の荷物を「とりあえず移動させる部屋」です。断捨離する部屋を一時的に空にするための一時倉庫の部屋の場所です。

断捨離部屋の条件は?

広さ、スペースは最低減、断捨離する部屋の荷物を収納できる広さスペースが必要です。
断捨離する部屋からの距離は、近ければ近いほどいいです。荷物を動かす時間、労力が節約できます。

そもそも、なぜ断捨離部屋を用意する必要があるんですか?

これは私の転勤の経験からきています。私は転勤で全国を異動してきました。結構急な転勤も多くありました。転勤の人事異動の辞令が出て1週間後には、新部署に着任して欲しいと上司に依頼された事もあります。転勤を伴う人事異動で1週間で着任しようと思ったら、とりあえず新配属場所で部屋を決めて、そこに引っ越し荷物を送り込むしかありません。新しい部屋では必要な時に必要なものを引っ越し荷物のダンボールから出して使うという生活をしていました。そしたら引っ越し荷物のだダンボールで空けない物が出てくるんですよね。そこで気がつきました。

「なんだ毎日使う必要な物って以外と少ないぞ」

物は必ず引っ越しのダンボールの中にあるから、このままでもいいか?この体験から

「断捨離をするならまず部屋の荷物を空にして、その後必要な物を部屋に入れていくべき」

という考えになりました。

断捨離部屋を準備、用意することのメリット

1.断捨離の時間の節約⇒何も悩まず考えず部屋の物を動かす事ができる

2.後から、「やっぱり必要だった」と思った時のリカバリーになる

3.時間をかけて本当に必要な物を精査出来る⇒断捨離部屋で断捨離をする。

ワンルーム暮らしで「断捨離部屋」を用意できない場合の対策?

1.レンタルスペースの活用

2、とりあえず実家に送る

私もワンルームで広り暮らしで生活していた時があります。ワンルーム暮らしで断捨離した時は、こんな感じで断捨離しました。部屋の物を玄関から廊下のわずかなスペースがあります。そこにまずは部屋の物を山積みにしました。雨に濡れてもいい物、断捨離確定のゴミも全部ゴミ袋に入れてベランダに動かしました。この方法でも、大きな物さえなければどうにか部屋を空にできます。

ワンルームマンションの断捨離のメリットはゴミ捨てが便利な事です。マンションに24時間ゴミ出し可能なゴミ置き場が普通はあります。またゴミ置き場のスペースが大きいので大量のゴミも移動させられます。

ワンルームマンションの部屋の断捨離は、ゴミ確定、断捨離確定の物はすぐに共用ゴミ置き場に持って行って捨てしまうと「断捨離部屋」のスペースが少なくてすみます。ワンルームマンションの部屋の断捨離でも工夫しだいでは部屋を空にすることは可能です。

断捨離部屋の準備と一緒に断捨離する部屋の新しいレイアウトも考えておく

ちらかる部屋、整理されない部屋、断捨離後リバウンドする部屋には共通するポイントがあります。それは

「自分の部屋での生活動線と物の配置が悪い事」です

断捨離の考えに「断」=入ってくる不要なものを断つという意味があります。例えば気がつけば机の上には書類で一杯になっているとうい事はありませんか?なぜそうなるかと言うと机にゴミ置き場が無いからです。机に書類ゴミ入れを用意しておけば、机に捨てる書類を置く前に机上のゴミ箱に入れられます。ちょつとした物の配置でリバウンドは少しずつ減っていきます。

ムリ・ムダ・ムラを無くしたストレスの無い物の配置、レイアウトを考えておきましょう。

断捨離部屋が本当に倉庫部屋になってしまったら本末転倒です。

期間を決め断捨離部屋に移動させた物は1週間を目途に捨てましょう。断捨離するものを一か所、一部屋にまとめておくと一括買取業者に廃棄を依頼するときにも楽です。「この部屋の物をすべてお願いします。」と言うだけです。最後はまとめて一括処分で断捨離を終了させられます。

まとめ

断捨離の成功の為の準備をまとめると以下のようになります。

準備1:断捨離部屋を用意する。もしくは断捨離する部屋を空にする為のスペース。
準備2:物の配置レイアウトをもう一度見直す。考え方は「自分の部屋での動きと物の配置の「ムリ・ムダ・ムラ」をチェックして特にゴミ捨ての行動を効率化させる。

今回の記事が読まれた方の断捨離のヒントになれば幸いです。

合わせてよみたい

▼あとこちらの記事で私のやった断捨離の考え方・方法をまとめました
⇒【保存版】自分だけの断捨離の設計図の書き方!人生がストレスフリーになるたった一つの方法

スポンサーリンク