【保存版】毎年買うおすすめ手帳のお話し。最終的に行き着いた私の手帳の書き方と使い方を教えよう!

最近寒くなってきましたね。この季節になると毎年買うものが有ります。

そう来年の手帳です。パソコン、スマートフォンの時代ですけど私はスケジュール、予定管理にまだ手帳を使ってます。長年のクセは治りません。

私はここ4年同じ手帳を購入しています。いろいろ手帳は使ってきたのですが今この手帳に落ち着きました。おそらく今後何年も同じ手帳を毎年購入すると思います。そんな私のお気に入りの手帳をご紹介させていただきます。手帳を買おうかなと考えている方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

私のお気に入りのおすすめ手帳はこれ!

Minute Manager
(ミニットマネージャー)      A5サイズ

これは2017年の限定色です。2016年から毎年限定色を購入しています。毎年限定カラーが発売されます。

ミニットマネージャーのどこがおすすめ、お気に入りなのか?

それではなぜ私がミニットマネジャーがお気に入りなのか?ランキング形式でご紹介します。

1位 見開きで2か月分のカレンダーになっている。

いろんな手帳を探しましたがミニットマネージャーしかありません。

見開きで2か月のカレンダーは予定組みですごく便利です。パソコンのマルチプレイ(2画面)みたいな感じでストレスがありません。パソコンのマルチディスプレイにするともう1画面にはもどれません。そんな感じです。

▼こちらの記事はマンスリーページの私の書き方、使い方に焦点を当てた記事です

私の手帳ミニットマネージャーの書き方、使い方。マンスリーページ編です!

2位 「THE WEEKLY PLANNING」は余白、ノート部分が豊富

私は細かい時間管理の必要のない生活をしています。どちらかいうと、その日考えたこと、アイデア、閃きをメモするのに便利。ノートとして使えます。

ちなみに後半26ページはすべて「MEMO and NOTES 」となっています。写真ではこんな感じ。

▼こちらの記事で私のウィークリーページの書き方を紹介しています

⇒私のおすすめ手帳の書き方です。ウィークリーページの使い方はこれで決まり!?

3位「A YEAR  SCHEDULE ON THE TABLE」年間スケジュール(年間予表)

このページは見開きで1年間の予定が確認できるページです。このページがある手帳もミニットマネージャー以外に見たことはありません。

私はこの年間スケジュール(年間予定表)のページは「お金の収支」管理に使っています。

▼年間スケジュール(年間予定表)の書き方、使い方を紹介した記事はこちらになります。

みなさん手帳の年間スケジュール欄(年間予定表)は活用してますか?私のおすすめ手帳のミニットマネージャーの書き方と使い方。

4位 カレンダーが見開き2年分

私はこのページに「今年の目標」を記入しています。

▼手帳ミニツトマネージャーのカレンダーページの書き方、使い方の詳細はこちらの記事で

私のおすすめ手帳のミニットマネージャーの書き方と使い方。みなさんカレンダーページは活用してますか?

私の手帳の使い方 (ミニットマネージャー編)

メインは見開き2ページのブロックカレンダーでアルバイトの出勤時間のメモに使用しています。

今はWワークアルバイト生活ですので、勤務時間の細かい管理は必要ない生活です。正社員、

サラリーマン時代は1日の細かいスケジュールを、「WEEKY PLANNING」ページに

記入していました。タスクと締切の管理に使用です。

今は「WEEKLY PLANNING」ページは日記であったり、アイデアメモで使ってます。

 

手帳の書き方は?こだわらない事が一番です。

手帳の書き方は、正解は無いです。同じ人が世の中のはいない事と一緒です。手帳を書く人の

数だけ書き方があります。手帳を使った事が無い人は、「なんでも記入する」ことから始めま

しょう。そうすれば自然に自分にベストな書き方が見つかります。私もそうでした。

ライフログ(人生の記録)としてシンキングログ(思考の記録)として書き始めるのもいいかもし

れません。

▼手帳の最後のページ「パーソナルデータ」の書き方についての記事はこちら

手帳のパーソナルデータ 個人情報欄はどうしてますか?書くべきか書かないべきかそれが問題だ!

 

手帳の活用方法は、過去を見直すこと 備忘録です。

私の手帳は、今でもいろんな事を書いてます。日記の記入もあれば、約束の記入、買い物リスト

給料の振込額、パスワードのメモも記入しています。過去の手帳を読み返して「享年はこんな事

を考えていたんだ」と確認できます。去年の手帳を読み返して、今年の目標、計画を立てる。

去年出来なかった事があれば今年の計画に取り込みます。

 

ここまで書いて、「私にはちょっと合わないなぁ。べつにカレンダー部は一月分で十分」という

人もいるでしょう。

そんな方にもう一冊おすすめ手帳をご紹介します。

 

storage.it
(ストレージ ドット イット)   A5サイズ

2011年グットデザイン賞、ジャーマン・デザインアワード2014受賞しました。

見たことがある人は多いのではないでしょうか。

storage.itの一番の特徴はスライドジッパー付カバーです。文具やスマートフォン

も収納可能です。

ただし、手帳カバーに収納しすぎると手帳を開いて文字を記入するとき、でこぼこして記入しずら

くなので注意しましょう。厚みの薄いメモ用紙、ポストイットなどを収納するのがベストです。

storage.it (ストレージドットイット)の一番のメリットは

手帳と一緒に持ち歩きたい物が多い人には最適です。リファイルも基本的な事はすべておさえて

あるので使い方に困る事はありません。

 

その他の人気手帳ランキングと私の評価

ジブン手帳

1.DIARY 2.LIFE 3.IDEAと別れており「一生つかえる手帳」をテーマに設計されています。ライフログ手帳の代名詞の手帳です。
手帳のファイルの中身はこんな感じです。

①マンスリー
②ガントチャート
③今年の夢
④本リスト&映画リスト
⑤各種リスト
⑥今年の振り返り
⑦個人データ
⑧記念日リスト
⑨パスワードヒントリスト

180度フラットに開く製本形式、インクの裏うつりしにくく、乾きの早いMIOペーパの使用も好評化です。

ほぼ日手帳

1日1ページ使用するように設計。1日の記録量、記入することが多い人にはおすすめです。記入の自由度が高いので手帳以外の活用にももってこいです。

クオバディス

真四角の形が特徴的な一冊です。四角の正方形の手帳が好きな人はこれしかありません。
1月始まり、4月始まり、9月始まりと選べます。フランス製ということもあり9月はじまりも
用意されています。

ロルバーン

リング綴じが特徴の手帳です。クリアーファイルが10個ついているところが人気です。

トラベラーズノート

トラベラーズノートというだけ、年中移動している人には候補になります。表紙が牛革を
使っており使い込まば使い込むほど味が出ます。

モレスキン

モレンスキンと言えばヘミングウエイが愛用していた事でも知られるメーカーです。
手帳といよりノート的な使い方が適しています。ゴッホやピカソも愛用していました。
表紙がしっかりしており、携帯性にすぐれています。

 

それでもやっぱり私はミニットマネージャーを今年も購入しました。

今年の限定色カラー、ブルーを購入しました。

実は毎年楽天ポイントで購入しています。

私の楽天カードの使い方の記事はこちら→家計簿について

まとめ

今年は「人生でやりたい100のリスト」から、優先順位を決めて計画してやっていきます。

時間は有限です。まずは手帳に計画を立てていきます。そこからスタートです。

「人生でやりたい100のリスト」って何?と思われた方はこちらの記事で紹介しています。

(過去記事)「手取年収100万円の生活」と「人生でやりたい100のリスト」

今回の記事を読まれた方が「手帳を有効活用し自分の人生を計画」して実り多い一年になれば

嬉しいです。

今回の記事があなたのお役に立てればと思います。

スポンサーリンク