手帳のパーソナルデータ 個人情報欄はどうしてますか?書くべきか書かないべきかそれが問題だ!

手帳の最後のページには必ずついているページがあります。パーソナルデータ、個人情報ページで

す。みなさんは書いていますか?個人情報を記入する事に対する不安があります。でも万が一、落

としたり電車で置き忘れた時を考えると、書いておいた方がいいのかなとも考えてしまいます。

今回の記事は手帳のパーソナルデータページの書き方についてのお話です。

スポンサーリンク

そもそも手帳のパーソナルダータのページはなぜあるのか?

昔の手帳には、最後のページにこんな一文が必ず書いてありました。

「この手帳は私にとって大切な物です。もし拾われた場合は、近くに派出所に届けるか、下記にご連絡下さい。」

この一文が表しているとおり、手帳の紛失防止のためです。しかし個人情報保護、プライバシー保護の考えから今はパーソナルデータを書くか書かないか判断に迷うところです。

 

私のおすすめ手帳ミニツトマネージャーのパーソナルデータ(個人情報)のページのフォーマットはどうなっているか?

下記の主審が、ミニツトマネージャーのパーソナルデータのページです。手帳の最後のページについています。

大項目は4項目あります。具体的に項目を見ていきましょう。
「PERSONAL DATA」欄に
1.名前 2.住所 3.電話番号 4.E-MAIL の4項目があります。

IN CASE OF ILLNESS OR ACCIDENT NOTIFY」欄は
1.名前 2.続柄 3.住所 4.電話番号 の4個でず。
「IN CASE OF ILLNESS OR ACCIDENT NOTIFY」とは病気やケガした時の連絡先という意味です。

「EMERGENCY INSTRUCTION」は5項目です。
1.血液型 2.アレルギー 3。かかりつけお医者さん 4.医療機関電話番号 5.健康保険番号

最後に「DATE SHEET」欄が用意されています。

私の手帳は?パソナルーデータ(個人情報)ページの記入内容

私は記入出来る項目はすべて毎年記入しています。「落とした時に誰かに見られたりしたら不安じゃないんですか?」と言われそうですね。私が「パーソナルページを書く理由」は一つです。

「他人に名前や電話番号、住所を知られてもそんなに困らないでしょう」という一言です。有名人ならまだしも普通の一般人に興味を持つ人はいません。

もし私が手帳を拾ったら、ちゃんとパーソナルデータ欄が記入してある手帳は「落とした人に連絡してあげないといけないなぁ」と思います。連絡先も書いてない手帳を拾うと、手帳の持ち主もそんなに手帳を大切にしていないのカナと思い警察に届けるのが億劫になってしまいます。

それでも個人情報、プライバシー漏洩が不安な人は

手帳のパーソナルデータ欄、個人情報欄には「勤務先名」で書きましょう。名前欄は会社名、部署名を記入しましょう。連絡先は「会社の部署の電話番号」です。そうすれば、会社名等の情報は漏洩しますが個人情報、プライバシーは守られます。

まとめ

手帳のパーソナルデータは書くことを私はおすすめします。プライバシー保護、漏洩が不安な人なら会社名、勤務先部署名で書いておきましょう。

しっかり活用している書いている手帳は、世の中にひとつしかありません。買い替えができません。名前や電話番号が漏れるリスクより、手帳を落とした時無くしたときに手帳が自分の手に戻ってくるメリットを優先しましょう。

 

合わせて読みたい

▼私のカレンダーページの書き方はこちらから

私のおすすめ手帳のミニットマネージャーの書き方と使い方。みなさんカレンダーページは活用してますか?

▼私のイヤープラン(年間スケジュール)の書き方はこちら

みなさん手帳の年間スケジュール欄(年間予定表)は活用してますか?私のおすすめ手帳のミニットマネージャーの書き方と使い方。

▼私のマンスリーページの書き方はこちらの記事で紹介

私の手帳ミニットマネージャーの書き方、使い方。マンスリーページ編です!

▼私のウィークリーページの書き方はこちらの記事で紹介

私のおすすめ手帳の書き方です。ウィークリーページの使い方はこれで決まり!?

▼来年で5年間買い続けている私のおすすめ手帳の記事です

【保存版】毎年買うおすすめ手帳のお話し。最終的に行き着いた私の手帳の書き方と使い方を教えよう

スポンサーリンク